最新情報

マスクの在庫情報を配信しています。

詳細はこちら

宮川花子血液のガン(多発性骨髄腫)のステージは?奈良病院はどこ?

芸能・有名人

芸人の宮川花子さんが血液のガンである多発性骨髄腫であることが発表されました。

余命6ヶ月と宣告されてから、密かに闘病生活を送っていたとのことで、回復に向かっていることから夫婦そろって記者会見をされました。

かなり危ない状態だったとのことで、宮川花子さんの血液ガン(多発性骨髄腫)のステージが気になってしまいますね。

大丈夫なんでしょうか…。

スポンサーリンク

宮川花子の血液ガン(多発性骨髄腫)のステージは?

宮川花子さんが血液ガン(多発性骨髄腫)であることを公表されまいたが、ガンのステージはどのくらいなのかについて調べてみました。

宮川花子のガンのステージ

宮川花子さんの会見での話によると、診断された当時、「余命6ヶ月」と宣告されたそうです。

また、日刊スポーツの記事によると、

首や肩、胸椎付近などに全7カ所の腫瘍が見つかり、股関節にも骨折の跡があったという。病院に運ばれた当時は下半身不随の状態で、親族関係者によると「いつ死んでもおかしくない」状態で、非常に危険な容体が1週間ほど続いた。

引用:日刊スポーツ

「いつ死んでもおかしくない」というかなり危険な容体だったとのこと。

これを考えると、宮川花子さんの血液ガン(多発性骨髄腫)のステージは、かなり末期なのではないかと推測されます。

ただ、現在は放射線治療を経て、化学療法に入っているということです。

回復に向かっているということなので、なんとか病気に勝ってほしいですね。

スポンサーリンク

宮川花子の奈良の病院はどこ?

宮川花子さんは奈良県内の病院で治療をしているということですが、その病院がどこなのかについて調べてみました。

調べてみたところ、ニュース記事では報道されていませんが、記者会見の席には病院の先生が同席されていたようですね。

宮川花子が入院している奈良の病院について掲載されていました。

宮川花子が通院しているのは奈良県立医科大学付属病院

宮川花子さん夫婦の記者会見の様子を伝えているTHE PAGEにこのように掲載されていました。

花子を治療している奈良県立医科大学付属病院の天野逸人医師が入院の経過などを報告後、大助と花子が現在の思いを時に笑いを交えながら述べた。

引用:THE PAGE

宮川花子さんが治療しているのは、奈良県立医科大学附属病院とのことです。

スポンサーリンク

まとめ

宮川花子さんが余命宣告されたことで、夫である宮川大助さんは、

「今、大恋愛してます」と話していました。

本当にステキなご夫婦。

辛い時にも支え合えるって本当にステキですよね。

宮川花子さんと大助さんが幸せな毎日を送れますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました