最新情報

マスクの在庫情報を配信しています。

詳細はこちら

大物落語家で覚醒剤薬物疑惑は誰?クスリの影響で女遊びが激しい

芸能・有名人

大物落語家が覚醒剤を使用しているという薬物疑惑が浮上しています。

トカナに掲載されて話題になっているこの情報。

この大物落語家が誰なのか調べました。

スポンサーリンク

大物落語家で覚醒剤使用…薬物疑惑の某師匠は誰?

薬物疑惑があがっている大物落語家が誰なのか気になりますね。

トカナによると、この大物落語家は「師匠」と呼ばれている人物とのこと。

他にもいくつかのヒントが掲載されていました。

大物落語家について掲載されていたヒント

トカナに掲載されていた大物落語家に関するヒントについてご紹介します。

「噂に上がっているのは彼女を可愛がっていた大物落語家の某師匠です。年甲斐もなく女に溺れているのは覚せい剤の影響で、喜怒哀楽が激しく、覚せい剤の切れ目時は鬱状態のようになっていると噂されています。瞳孔が開いて一気にテンションが上がっている現場などの噂もあります。彼がクスリに手を出しているという噂は、関西では超有名ですよ。ほかにも大手事務所所属の関西の若手芸人の名前が2~3人上がっています」

引用:トカナ

簡単にまとめると…

  • 「師匠」と呼ばれている
  • 女におぼれている(女遊びが激しい)
  • 喜怒哀楽が激しい

大物落語家ってイメージとして女遊びが激しいイメージがあるのですが…

私だけでしょうか…。

スポンサーリンク

大物落語家で覚醒剤使用の薬物疑惑に近い人物

トカナに掲載されたヒントから、覚醒剤使用の薬物疑惑に近い大物落語家について探ってみました。

「覚醒剤使用」と特定されているあたり、かなり信ぴょう性の高い情報なのかな…という気がしますね。

女遊びが激しい大物落語家で師匠といえば…

女遊びが激しい大物落語家といえば、思い浮かぶ人はいますが、一応調べてみました。

  • 桂文枝
  • 三遊亭円楽
  • 桂春蝶
  • 桂小枝

このあたりでしょうか?

桂文枝さんの不倫(女遊び)記事

出典:blogos.com

上方落語界の大御所・桂文枝の“20年不倫”の相手だった演歌歌手・紫艶(本名・中江ひろ子)さんが、3月7日に亡くなっていたことが判明した。享年41歳の若さだった。

文枝と紫艶さんの不倫が公になったのは、2016年2月発売の「FRIDAY」(講談社)で、紫艶さんが「何も知らない18歳の頃から師匠を尊敬し、信頼し、すべてを捧げてきました」と20年間に渡る不倫関係を暴露したのがきっかけだった。

文枝といえば、1971年の放送開始から司会を務める長寿番組『新婚さんいらっしゃい!』(朝日放送制作)で桂三枝時代から人気を博し、視聴者からは“愛妻家”として慕われていたが、所属の吉本興業や文枝と親しいテレビ関係者の間では、彼が歴代の女性マネジャーと深い関係になってはポイ捨てを繰り返してきたのは有名な話だった。

引用:日刊サイゾー

桂文枝さんといえば、「師匠」と呼ばれていることにも該当しますし、2016年に発覚した20年不倫が世間に衝撃を与えました。

また、「歴代の女性マネージャーと深い関係になってはポイ捨て」とは、女遊びが激しい大物落語家という条件にはピッタリ当てはまるかと思います。

ちなみに、桂文枝さんの不倫謝罪会見の動画はこちら↓

 

「不徳の致すところ」 交際報道で桂文枝さん

また、桂文枝さんの女遊びについては岡本夏生さんが生放送で放送事故レベルの発言をしたこともありました

 

むー
むー

また、桂文枝さんの女遊びについては岡本夏生さんが生放送で放送事故レベルの発言をしたこともありました

岡本は1990年代にテレビ朝日系「新婚さんいらっしゃい!」で文枝と司会を務めていた。その頃の文枝について「ホントかどうかはわかりませんよ、あくまでもスタッフを経由して私の耳に入ってきた噂だから」とした上で、「今回、文枝さんが不倫もどきのことで釈明してましたけど、私が『新婚さん』やってた時に、(文枝が)ある女性とデキてて、手切れ金でウン千万渡したその女性はロンドンに飛んだって噂はありましたよ」と爆弾発言した。

共演者が岡本の発言に驚き慌てる中、岡本は続けて「本当ならまだ懲りてなかったのか、同じこと繰り返したのか、になりますけど、わかりません」とトークを炸裂させていた。

引用:産経WEST

岡本夏生さんが2016年2月23日に出演した『5時に夢中!』の生放送での発言。

桂文枝さんの20年不倫についてコメントした時の発言だったのですが、共演者たちは驚きしどろもどろになっていました。

この後、岡本夏生さんは『5時に夢中!』に出演することはなくなったそうです…。

女遊びについては、大物落語家の中でも群を抜いていると言えるのではないでしょうか。

また、性格もかなり難しいのは有名で、後輩芸人とのトラブルも多々あると言います。

三遊亭円楽さんの不倫(女遊び)記事

出典:suncityhall.jp

2016年6月10日発売(首都圏など)の写真週刊誌「フライデー」で、一般女性との不倫が報じられた落語家の三遊亭円楽さん(66)。雑誌の発売当日午後に開かれた記者会見は、不倫騒動の謝罪・釈明の場としては異例の「爆笑会見」となった。

引用:Jcastニュース

三遊亭円楽さんの女遊びは、2016年の不倫報道のみ。

この時は不倫自体よりも、その記者会見が大物落語家らしい爆笑記者会見になったことが話題となりました。

円楽さんの不倫記者会見の動画はこちら↓

落語家・三遊亭円楽さん“不倫報道”で会見(16/06/10)

円楽さんはこの不倫騒動のあと、同じ女性とまだ不倫関係が続いているという報道がありましたが、それについては否定されています。

また、他には女遊びについての噂はないようですね。

桂春蝶さんの不倫(女遊び)記事

出典:上方落語協会

桂春蝶さんの不倫報道があったのは2018年。

「実はいま、落語家の3代目・桂春蝶(43)が不倫相手に暴行を働き、トラブルになっているんです。事態は警察沙汰にまで発展しています」(桂春蝶の知人)

引用:FRIDAY

桂春蝶さんの不倫騒動は、不倫だけでなくDVが問題となりました

「春蝶は少しでも気に入らないことがあると、すぐに手を出すんです。たとえば、風邪薬を買って来てとお願いされたA子さんの帰りが遅れると、『お前はやる気がないんや!』と、何度も顔面を殴打する。しかも、戒めとして自分の怪我を写真で撮影するよう強要していました。DVの後に必ず優しい言葉をかける春蝶に、彼女は洗脳されているような状態になっており、病院や警察に行くという発想にはならなかったそうです」

従順な態度に増長したのか、春蝶の暴力は年々エスカレートしていった。

「昨年6月のことです。A子さんと口論になると、春蝶は『うっさいんじゃボケッ!』と怒鳴り、彼女の髪を掴んで顔面を床に何度も叩きつけた。顔を殴るのは日常茶飯事で、髪を掴んで数時間も引きずり廻すこともあったようです」

引用:FRIDAY

相当話題になり、この報道のあと桂春蝶さんはTwitterアカウントを削除したこともネットでは話題になっていました。

桂春蝶さんはこの不倫騒動のあと、女遊びが話題になるようなことはありませんでしたが、気性の荒さは今回の大物落語家の特徴と当てはまる気がしますね。

ただ、まだ師匠と呼ばれてはいないような気がします。

桂小枝さんの不倫(女遊び)記事

出典:dot.asahi.com

『探偵ナイトスクープ』でおなじみだった桂小枝さん。

桂小枝さんの不倫報道は2013年。

フライデーが桂小枝さんの不倫写真をスクープしたのですが…下半身にプリンを塗りたくり不倫相手に…という衝撃の内容であるため、掲載を控えますw

桂小枝さんは、この騒動がきっかけとなり『探偵ナイトスクープ』を降板されました。

桂小枝さんの性格については、特に噂になっているようなことはないようですので、見たまんまの穏やかな人といったところではないでしょうか。

スポンサーリンク

大物落語家と元アイドル(加西さおり)との関係は?

薬物疑惑の大物落語家は、加西さおりを可愛がっていたそうですが、加西さおりと大物落語家の関係について調べても何も出ませんでした。

現在も大物落語家は加西さおり(西田沙織)さんとつながっているようですので、そのうち何か出てくるかもしれませんね。

関連記事近畿厚生局麻薬取締部に逮捕の元アイドル特定!15年前に薬物使用

スポンサーリンク

まとめ

覚醒剤使用の薬物疑惑が出ている大物落語家について調べてみると、トカナに掲載されていたヒントに一番近い人物は桂文枝さんではないか?と思いました。

ただ、桂文枝さんは女遊びは激しく、性格が気難しいことでも知られているようですが、覚醒剤使用などの疑惑はこれまでにありません

さすがに覚醒剤使用まではないんじゃないか…と思いますが、今後スクープされたら確かに衝撃が走りますね。

関連記事近畿厚生局麻薬取締部に逮捕の元アイドル特定!15年前に薬物使用

コメント

タイトルとURLをコピーしました